fc2ブログ

プロフィール

えこ。

Author:えこ。
アラフォー夫婦+2頭で、愛知在住。

永遠 towa(Mシュナウザー/B&S/♂)
恋 ren(Mシュナウザー/S&P/♀)

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Link

検索フォーム

counter

  • 2021
  • 07/06
  • Tue

永遠、頑張りました。

昨年末から 更新をしないまま
いきなり このようなお知らせで 申し訳ありません。


昨年末に10歳をむかえた 永遠 のことです。

6月末から 吐き気や食欲不振が続いており、
ここ数日は ほぼ食べられず、飲めずで
通院するたびに点滴をしていました。

7月5日 朝8:10頃
自宅にて 痙攣発作を起こし、かかりつけ病院に連絡。
麻酔から覚めたあと面会し、その後 入院。
夜19時 2度目の面会。

7月6日 
深夜から朝方にかけては 比較的状態は落ち着いていたそうで
かかりつけ医は
このままなら、もしかしたら大丈夫かも、と思ったそうですが
5:30頃に 呼吸が弱くなってきて

「永遠、かなり危ないです、すぐに来れますか」と
緊急連絡をくださったのが 5:38。

私たちが病院に着いたのが 5:50頃。
永遠は、挿管された状態で まだ少し呼吸もしてたし
心臓も動いてた。
なんとか待っていてくれました。

5:56
永眠。

10歳6ヶ月と10日 でした。

今朝に限って、私は4時すぎ、旦那は5時に起きていて、
すぐに動けた。

最後の最後まで、永遠は、オトコマエでした…本当に…。




帰宅してからの永遠は
クーラーでガンガンに冷えている部屋で
アイスノンや冷え冷えを使いながら
タオルケットを被って寝ています。


恋は…まだ ちょっと…。
永遠に話しかける私たちの様子を、
少し離れた場所から じーっと見ている感じです。
難しいお顔をしてることも多い。

彼女にしてみれば、すでに、
彼女の知ってる永遠じゃあ、ないしね…

これからしばらくは
恋の気持ちのケアもしないとね。



永遠が お空に還る時間は
明日19時すぎ。


今までの永遠との色々なことを旦那と話していると
ぎゅーっとなるし、涙が止まんなくなるし
明日の今頃を思うと 寂しくて 寂しくて
なんだか 泣けてしょうがないし…

ありがとうねぇ…たぁくん…





ブログを通じ、永遠のことを知ってくださった皆様に
心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

スポンサーサイト



edit↓ top↑

  • 2020
  • 12/15
  • Tue

今年の冬は、きちんと寒い?

今週に入るなり いきなり 冬!雪!がズンズン主張してきてビックリです。
先週末の天気予報、大当たりだったってことかな…
2019-2020の冬は
自宅エリア、全然雪が降らなかったんだけど、今年はどーなる…?



週末は プチお手入れしてもらいに動物病院へ。

永遠は7.1㎏
爪切り、耳毛抜き、足裏バリカン

恋は6.95kg
爪切り、耳毛抜き、足裏バリカン、肛門腺絞り
+11月の血液検査(外注)の結果も聞いてきた。

総蛋白が基準値を少し下回ってるけど、担当医的には「気にしなくていいと思う」

「むしろこっちが気になる、何か…フードとか変えた?」と聞かれたのが、
電解質(ナトリウム、クロール、カリウム)の各数値。

基準値の下をじわりとはみ出て、低値。

ナトリウム(参考基準値 141-152) → 133
クロール(参考基準値 102-117) → 97
カリウム(参考基準値 3.8-5.0) → 3.6

2016年の11月から 毎年この時期に血液検査をしてきて、
初めて この項目で異常値。

とはいっても、普段から口にするものは変わってないし、
検査当日までと、検査後に目立つ異常(下痢や嘔吐、腹部の腫れ等)はもちろん無い。
基準値を下回ったとはいっても 劇的に数値が下がった訳ではないから
一過性の可能性もじゅうぶんにある。

とりあえず 当分のあいだ要観察、異常が出れば検査。
なにもなければ 春のフィラリア時期前の検査で もっかい血液検査をして
そこで判断しましょう、てことになった。

年齢なりにいろいろなのかなぁ…と思うことが多かった、今年の2匹の冬検査。

永遠の心雑音も、今回こういう結果がでて、自分なりに調べて 
高血圧だと 心臓と腎臓に負担がかかりやすくなる、のも きちんと知った。

そういや過去の検査結果で 毎回ちょっと血圧高かったしなぁ…
長野暮らしだった時にお世話になった動物病院の健康診断は、血圧測定が込みだった

苦手な病院で測っているのが 血圧高めになっていた理由だったかもしれないけど、
もしかしたら 元々そうだったのかもしれないし。

恋の検査結果は 現時点で他の異常がないのもあって
極端な凹み方はしてないけど、
それでもやっぱり、電解質、低値、で検索だけは ちゃっかりするわけで。
ざざっと手元の紙に書き写しながら 「あーーーそっちー……」。



2匹が それぞれのカラダと うまいこと共生していけるように
なんだかんだあったとしても ゆっくりと歩を進めていけるように
私が 引き出しの中身、増やさないとね。
ゼロのまんまじゃなくて。
おべんきょ、しないとね。



年内の通院が、こないだのプチお手入れで終わりますように。。
年始の通院が、年明け一発目のプチお手入れになりますように。。

edit↓ top↑

  • 2020
  • 11/30
  • Mon

4歳→5歳




昨日は 誕生日。
5歳の、新しい一年がスタート。

edit↓ top↑

  • 2020
  • 11/26
  • Thu

2020.11.21 れん*健康診断


21日は れんの健康診断。
たぁくん は近場で のんびり散歩。



れんれん は
血液検査、追加で
はじめての抗体価検査もお願いした。
レントゲン、心エコー、尿検査。

体重6.95。
先月は7.05あったから 減量成功。

夕方にお迎え。
れんれん の院内検査分の結果と
前回の たぁ の血液検査(外注分)の結果も併せて聞いた。

れんれん、特に問題なし。

たぁ の血液検査は、甲状腺ホルモン問題なし。
リパーゼだけ 範囲外の500。
一瞬、ギョッとしたけど よくよく見たら
炎症反応は低くて 問題なし。

近々で嘔吐も下痢もなかったし、
先生の見立ても、
そんなに神経質にならなくてもいいと思う、とのこと。

もしかして何かしら隠れてるんじゃ…なんて
小さな不安はあるけど、
まぁ…まずは
これから寒暖差が大きくなってくるから
体調を崩しやすくもなるし
しばらくは 要観察。

れんれん の外注検査の結果は
連休挟んでいたから 少し先。

来週には 12月に突入。
さてさて…。

edit↓ top↑

  • 2020
  • 11/17
  • Tue

2020.11.14 とわ*健康診断


たぁくん の健康診断は
血液検査は 腎臓や甲状腺関連のをそれぞれ追加、
喉から腹部のレントゲン、心エコー、尿検査。

夕方、院内検査分の結果を聞きにいったら
かすかな心雑音あり、わずかな逆流も確認 って。

初めて言われた。

先生も 最初 心音聞いてて あれ?って
思ったらしくて
エコーも 何度も角度を変えながら撮って
わずかな逆流があるのを確認をして
これは雑音あるね、ってなったそう。

エコーの、血流に色づけした動画も見せてくれて
一瞬だけど ちゃんと映ってるのが
私らにもわかった。

ザラッと、残像とか、ノイズみたいに、
赤と青と 小さく 一瞬、ごちゃっと、混ざってた。

尿比重は 相変わらず軽いまま。
今回も 多飲多尿以外は
パッと見てわかる異常が無いから
外部に出す血液検査の結果待ち。

気管虚脱の部位の厚みは変化なし、
内臓の腫瘍もなし、
以前から経過を見ている脾臓も大きな変化はなし。

心臓関連についてのこれからと、
異常に気づくためのポイントとか
イロイロ モロモロ。

まー…そのあと
待合室で再会した当の本犬は
看護師さんを引っ張りながら 必死の形相で奥から出てきて、
リードを持った旦那を力強く引っ張って 入り口から出て行ったんだ。

クルマに乗ったら乗ったで
車内で待ってた れんれん のことは
キレイにスルーして
グイグイ私の膝を独占しにきた。

2匹とも、それぞれ
ホントにホントに よく頑張った。



普段 ネガティブなことは
夜中に考えすぎないようにしてるのに、
さっそく不安沼にずぶずぶハマったみたいで
夜中にぐるぐる検索ケンサクけんさく…

久々に かなりの寝不足。。
目がショボショボする…

edit↓ top↑